なぜサプリは必要なのか?サプリの必要性と日本の医療制度の関係

Blog

今、サプリメントが流行っていますよね。
コンビニにも並んでいるほどです。

5年ほど前に想像できたでしょうか?

時代の流れって早いですね。

本記事を読むことでわかること

サプリの必要性と、
その背景の日本の医療制度の今後についてわかります。

もくじ

サプリの必要性

皆さんはなぜサプリが必要だと考えていますか?

・健康でいること
・栄養を補う

こういったことをお考えだと思います。

その通りです。

ほとんどの人は健康でいるためや、若くいるためなどの理由で、
サプリを飲んでいると思います。

サプリの必要性は以上の理由です。

ですが日本ではまだまだ愛用者は少ないですが、
アメリカはサプリの愛用者が非常に多いです。

この背景には医療制度が関わっていると考えています。
そして日本でもこの医療制度が理由で、
サプリの必要性は上がっていくと思われます。

富士フィルムをご存じでしょうか?
カメラ関係で有名だと思いますが、
最近サプリも販売しています。

大手企業がサプリに注目していることからも、
需要が高まっているといってもいいでしょう。

次になぜサプリが必要なのか。
アメリカの医療制度を比較対象として、
日本の今後の医療制度を考えてみます。

今後の日本の医療制度

結論から言うと、
アメリカの医療制度に近くなっていきます。

病気になってから病院に行くのではなく、
病気にかからない体づくりが必要になってきています。

アメリカの医療制度

アメリカが日本と違うところを挙げてみます。

・健康保険加入が任意
・救急車を呼ぶのが有料
・医療費が高い
・病院に簡単に行かない

以上からもわかる通り、アメリカは病気になるとお金がかかります。
そのために病気にならないことが必要です。

このことからサプリの愛用者が多いのです。

日本の医療制度の今後

日本では他の国と比べても、
医療費は安く、医療レベルも高いです。

「じゃあサプリも必要ないのでは?」

と思うかもしれません。

今はそうかもしれません。
ですが、日本の医療制度が今後も変わらず国民に優しいものとは限りません。

お察しのいい人は、日本の医療制度がアメリカに近くなっていくのかもしれないと考え至るのではないでしょうか。
簡単に言うと、病気になったときにかかるお金が今より多くなります。

高齢化社会が医療制度を変えざるを得ない。

医療を必要とする人が多くなるということは、
税金を今より医療の現場につぎ込む必要があります。

ただでさえ税金が足りない日本でそのようなことはできません。
年金問題や、少子化問題など、税金が足りないことはニュースになっているほど
明らかです。

するとどうなるか、
1つは税金の徴収額を上げる(消費税の増税)、
1つは税金の支出を減らす(国民の医療費の負担額を上げる)となります。

これで、
国民の医療負担額が大きくなることがわかると思います。

アメリカでは、ただの風邪でさえ病院に行けば1万ほどかかります。

大きな病気になれば、手術にかかる医療費は、
一般人には払えない額になります。

これで、サプリの必要性は理解できたのではないでしょうか。
病気にかからない体づくりが必要です。

まとめ

サプリの必要性は、病気にならない体づくりをするため。

その背景には、医療制度が関係しています。

現在の日本は、国民の負担額は少ないですが、
今後は医療費が高くなる可能性があります。

高齢化社会によって、医療費が高くなり、
所得が低い人は簡単に手術を受けることが困難になります。

普段から病気にならない体づくりをする必要があります。

そのためにサプリを飲むことで、
栄養を補い、病気にかかりにくいようにします。

サプリの必要性について理解できたのではないでしょうか。

今後の日本の医療制度は、
国民に優しいままとは限りません。

現実と向き合い、準備しましょう。
病気にかからないためにサプリは有効です。

楽しい毎日を送るために、病気にかからないようにしましょう!