eスポーツが日本で流行らない理由

Blog Game

世界単位でみると競技人口が増加するeスポーツですが、
日本は海外に比べると流行っていません。

ゲーム好きとしては悲しいですよね。

なぜなのか!
今後の動きも予想してみました。

もくじ

賞金が高くない

「稼げないの?」

1番の要因といってもいいかもしれません。
日本では海外のように高額の賞金を出すことが難しいのです。

スポンサーになりにくい、ユーザーが少ない、法規制などが理由です。

大きい賞金を獲得するには、
海外進出しなければなりません。

スポーツなので、成功するかわからないところに
足を踏み入れるのには勇気がいります。

ゲームに対するイメージ

個人的にはこれが1番の原因だと思います。

日本人のゲームに対するイメージは「遊び」が強く、
ゲームをしすぎると頭が悪くなるだとか、
勉強がおろそかになるといった考えが根付いています。

このことが、プロゲーマーを目指すことを妨げています。

これは当人よりも親に関係してくる問題でもあります。

夢を持たない日本の国民性が邪魔をするのです。

ユーザー数の少なさ

スマホゲームの普及で、ゲームをしている人は増えています。
しかし、実際に大会で賞金が出るタイトルをプレイしている人は、
そこまで大きく増えていないでしょう。

「負けないぞ!うまくなってやる!」

何事もスキルの向上は、高めあうライバルがいて成り立つものです。
海外に比べて、レベルの高いプレイヤーの母数は少ないです。
そのため国内でのスキル向上はできない状況にあります。

海外勢との先週試合など、
グローバルのコネクションも必要になってきます。

育成の環境

プレイヤーを育成するプロチームや、
環境が整っていないとこも理由の1つです。

サッカーでいうところの、練習するグランドや監督、コーチなどです。

プロゲーミングチームを運営するために資金繰りが、
国内市場の小ささから難しいのが現状です。

大手のプロゲーミングチームは国内に多くありますが、
数が少ないので、自然とプレイヤー人口も少なくなります。

チームを構えて、育成できる環境が多くなれば、
プレイヤー人口も増えると思いますが、
スポンサーなどの問題で難しいです。

選手生命の短さ

ゲームの種類にもよりますが、反射神経や洞察力など、
スポーツというだけあって、意外と身体能力が必要です。

そのため選手生命は20代で終わるタイトルもあります。

「将来どうしようか。」

選手生命を終えた後の、将来が確約されていないことも、
プロを目指す人が少ない理由だと感じます。

選手を終えた後に、コーチや運営側に回れるような、
システムがあると安心できると思いますね。

今後の日本のeスポーツ業界

Youtube上で、プロゲーマーが配信をしたり、
ニュースなどで話題に上がっていることから、
少しずつeスポーツが認知されていくと思われます。

プロゲーマー
「eスポーツは楽しいぞ!」

市場規模が大きくなるにつれて、参入してくる企業やスポンサーが増えていくことで、
チーム数の増加や環境の整備が進み、
日本のeスポーツ文化が発展していく可能性が十分にあります。

最近ではゲーミングカフェならぬものもできているほど、
少しずつではありますが、公共の場にも関係施設ができています。

日本も海外のような規模で大会が開かれる日が、
近いのかもしれません。

まとめ

eスポーツが海外に比べて日本が流行っていないのは、
以下の理由が主な原因。

1.賞金が高くない
2.ゲームに対するイメージが「遊び」
3.ユーザー数の少なさ
4.育成の環境が整っていない
5.選手生命の短さ

現在は海外に勢いは劣っていますが、
日本の特徴として、
海外のブームが何年か遅れて日本に流行る傾向があることや、
ネット社会の活性化もあり、
日本にもeスポーツブームが来ると考えています。

若者が夢見る1つの職業として確立されるようになると、
ゲーム好きとしては熱い展開です。