【APEX】読むだけで上手くなるシリーズ③レジェンド構成

Game

APEXでは多種多様なスキルを持つキャラクターがたくさんいます。
3人チームのレジェンド構成によって、立ち回りや勝敗が変わってきます。

特にパーティーを組んで闘う際は、レジェンド構成を考えましょう!

レジェンド構成によって、強みや弱みがあるので、解説します。

もくじ

強いレジェンド構成例

代表的なレジェンド構成の例を挙げます。
プロの大会だけでなく、ランクでも使用される強いレジェンド構成になります。

おすすめ:レイス・ジブラルタル + α

おすすめ構成

大会では、ほとんどのチームがこの構成です。
レイスのポータルと、ジブのドームが必須というわけです。

+αに関しては、チームによって異なります。
その時のメタや、安置を読めるキャラを入れるかによって変わります。
パーティーを組む際は、どのキャラが使いやすいかなど、合った構成にしましょう。

ランクではあり:レブナント・オクタン + α

レブオクタン構成

ランクでは多く見かける構成です。
レブナントとオクタンのウルトを組み合わせて、キルを取りに行く構成です。

この構成にはメリット・デメリットがあります。
漁夫に行くときには、かなり強いです。
3人で1人の敵にフォーカスして、確実に1ダウン取りにいけるので、キルポイントを取りやすいです。

しかし、ウルトがないときに攻められると、弱い一面があります。
また、連携が上手くないと難しい構成でもあります。

レジェンド構成の決め方

レジェンド構成は、熟練度・マップなどで変わってきます。

キルをがんがん取りに行く構成や、安置移動に重点を置いた構成など。
レジェンド構成1つをとってもチームの色が出ます。

ポイント1:レイスorジブは必須

レイスorジブ

必須という表現をしていますが、そのマッチによっては必要ないときもあります。
あくまでも、どの場面でも対応できる構成にするためには、「レイスorジブは必須」という表現をしています。

この理由は単純で、不利位置から脱出できることと、一時的に安全なエリアを作れるからです。

終始、有利な位置を陣取れることは珍しいです。
不利な位置で耐えないといけない場面があります。
その際に、必要になってくるのがポータルとドームです。
どちらかがないと、きつい場面というのはたくさんあります。

ポイント2:安置を読めるキャラを入れるか

安置読めるキャラ

上の画像の3キャラが安置を読むことが出来るキャラクターです。
安置を読めることで、どこに移動すればいいのかの判断が早くできます。

安置を読めるキャラを入れることで、順位が安定しやすいです。
バトロワゲームでは、移動の際が危険になりますが、移動を最小限かつ最速で行えるメリットがあります。
プロシーンでも、ほとんどのチームが構成に加えています。

上記3キャラで構成に入れるなら、ブラッドハウンドorクリプトです。
理由は、他の味方2人もアビリティの恩恵を受けることが出来るからです。
パスファインダーは、味方が優位に働く場面が少ないのでおすすめはしません。

ポイント3:マップで決める

マップは3種類あります。
それぞれ特徴があるので、マップによって構成を変えるのもありです。

【キングスキャニオン】
マップが狭く、すぐに漁夫が来やすいマップです。
建物もありますが、籠って強い建物は少ないです。

【ワールズエッジ】
3つあるマップの中間位置。
籠りやすい建物が多く、コースティックがいると安心な場面も多くあります。

【オリンパス】
開けた場所がとても多いマップです。
籠って戦うのが強いマップではありません。

マップによって構成を変えているパーティーも多くいると思います。
プロシーンでも、構成を変えているチームは珍しくありません。

まとめ

全員にはまる構成はありませんが、安定的な構成はあります。
撃ち合いが苦手だったり、色々な要因で構成は変わりますが、基本的には似たような構成になってきます。

それがレイス・ジブ + α構成です。

レイスを抜きにした構成でもよいですが、初心者の方もしくは撃ち合いが苦手な方は上記構成をおすすめします。

自分の得意なレジェンドだったり、チームの熟練度を考慮して色々試してみるといいと思います。