【APEX】読むだけで上手くなるシリーズ⑭投げ物の知識・ダメージや起爆時間

Game

FPSゲームではよくある投げ物、投擲物についての解説します。

APEXにおいて投げ物は非常に強いアイテムになっています。
投げ物1つで形勢逆転できるほど重要なアイテムです。

本記事では、投げ物の知識と、その使い方に関して紹介します。

もくじ

投げ物の種類と知識

投げ物の種類

投げ物は3種類あります。

  • アークスター
  • フラググレネード
  • テルミット

以上の3つになります。
それぞれ特徴があるので見ていきましょう。

アークスター

アークスター

最も人気な投げ物、かつ強力なアイテムです。

特徴 相手にくっつけることが出来る。
ダメージを食らうとスタン状態になる。
アーマーに対してダメージが大きくなる。
起爆時間 2.8秒
ダメージ 直撃30・爆風70
飛距離 最大約100m

詳しい情報を記載しておきます。

爆風でダメージを受けてから約2秒視界不良、-50%の速度低下
着弾点から6m以内で最大ダメージを受ける

アークスターのダメージは少しややこしいです。
アーマーを着ている時と、そうでない時でダメージが異なります。

アーマーレベル 直撃ダメージ 爆風ダメージ
アーマーなし 30 70
アーマーレベル1 50 70
アーマーレベル2 75 75
アーマーレベル3 90 100
アーマーレベル4 90 125

ポイント1:直撃させた場合

直撃させた場合の残り体力を見てみましょう。

  • アーマーなし:撃つ必要なし
  • アーマーレベル1:残り30ダメージ
  • アーマーレベル2:残り30ダメージ
  • アーマーレベル3:残り40ダメージ
  • アーマーレベル4:残り65ダメージ

アーマーを持たない敵に直撃させた場合は、その敵を撃つ必要はありません。
アークスターで与えるダメージに加えて、銃でどれだけダメージを出せばダウンするかを知っておくと、無駄な射撃をせずに済みます。

ポイント2:爆風ダメージのみの場合

爆風ダメージのみの場合、アーマーを破壊できると覚えておきましょう。
これはアーマーレベル関係なく、着弾点から6m以内にいる敵のアーマーを破壊することが出来ます。

フラググレネード

フラググレネード
特徴 投げてからの時間で爆発する。
起爆時間 4秒
ダメージ 直撃10・爆風100
飛距離 最大約80m

すぐに投げた場合は起爆時間4秒だが、構え続けて投げた場合は起爆時間約3.5秒。

アークスターは壁や地面に刺さってから時間経過で爆発しますが、フラグは投げた瞬間から時間経過で爆発します。
アークスターと違い、少し転がることも特徴の1つです。

最大100ダメージを与えることが出来る。
着弾地点からの距離によってダメージは異なります。

テルミット

テルミット
特徴 横方向に炎の壁を作り出します。
起爆時間 即発
ダメージ 4ダメージが継続する
飛距離 最大約70m
炎の長さは約12m
継続時間約8秒

一瞬だけ炎に当たった場合は、合計25ダメージで済みます。
当たり続けるとダメージが蓄積されるので、かなりダメージを負うことになります。

炎の向きは、投げた方向に対して横に向かって広がります。
ドア越しの戦闘などで、縦方向に炎を広げたい場合は、投げる向きに注意です。

まとめ

投げ物はかなり強力なアイテムです。
持つ優先順位としては、アークスターが1番です。
その他は好みでいいと思います。

アークスターのダメージを見ればわかると思いますが、敵に直撃させるだけで形勢逆転できるスペックを持っています。
初心者の頃は、投げ物をあまり持たない傾向にありますが、うまい人ほど投げ物は必須で持ちます。

投げ物の重要性を理解して、実践で活かしましょう!