【APEXシーズン6】プロから学ぶレジェンド構成メタ

Game

「レジェンド構成どうしよう~」

シーズン6で大幅な変更点があったことから、レジェンド構成に悩んでいる方は多いのではないのでしょうか。
そういったときはプロを見るのが1番!

プロはシーズン6になってからレジェンド構成をどのようにしているのか、
公式大会の内容をもとに調べてみました。

もくじ

レジェンド構成メタ

まず結論を言うと、

  • ①レイス、レブナント、クリプト
  • ②レイス、レブナント、ブラッドハウンド
  • ③レイス、レブナント、パスファインダー
  • ④レイス、コースティック、ブラッドハウンド
  • ⑤レイス、コースティック、パスファインダー

上の構成ほど使用チームが多い結果となりました。
ほとんどが①構成、マップによって①と②を使い分けているチームもありました。

大会上位チームはどの構成だったのでしょうか。

大会上位チームのレジェンド構成

先日行われた大会「RAGE ASIA 2020」(8/30)を参考にします。
この大会はアジアの選ばれたチームしか参加できない、アジア最強決定戦といってもいい大会です。
シーズン6になってからの初めての大きな大会になります。
参考にするには申し分のない大会になっています。

出場チームには国内からは有名eスポーツチームの「野良連合」「DeToNator」「SCARZ」、
韓国からは「T1」「CrazyRaccoon」が出場しています。

詳細は以下のリンクを参照してください。

上位10チームのレジェンド構成

  • 1位:T1(レイス、レブナント、クリプト)【韓国】
  • 2位:SCARZ White(レイス、レブナント、ブラッドハウンド)【日本】
  • 3位:SCARZ Black(レイス、レブナント、ブラッドハウンド)【日本】
  • 4位:Crest Gaming(レイス、コースティック、パスファインダー)【日本】
  • 5位:Invictus Gaming Thunder(レイス、レブナント、クリプト)【中国】
  • 6位:For The Dream(レイス、レブナント、ブラッドハウンド)【中国】
  • 7位:OPGG SPORTS(レイス、レブナント、クリプト)【韓国】
  • 8位:Invictus Gaming Lightning(レイス、レブナント、パスファインダー)【中国】
  • 8位:野良連合(レイス、レブナント、クリプト)【日本】
  • 10位:SunSister NoltillL(レイス、レブナント、クリプト)【日本】

以上の結果となりました。
(マップによりレジェンド構成を変えているチームもあります)
*計5ラウンド、1ラウンドごとにマップ変更のため

アジアでは攻撃型編成、EUでは守備型編成の傾向があり、
EUでは今シーズン追加レジェンドのランパートが出てくるのか楽しみです。

大会印象

  • シーズン6でブラッドハウンドの強化があったことから、構成にブラッドハウンドを入れているチームが多かった。
  • レイスはどのチームも入れている。さすがレイスといったところ。
  • ファーストアタックの威力はレブ、クリプト構成が強い。
  • 安置スキャンできるレジェンドが増えたことから、先に安置に入って固めているチームの順位が高かった。
  • アーマーの体力が減ったことで、ロング対応できる武器を持っている人数が多い。
  • ディボーションよりもボルトを優先して持っている人が多かった。

今後の動向

今シーズンも前シーズンと同様レイス、レブナント、クリプトの構成が多いですが、
今シーズンのアーマーや武器の仕様変更に不満の声が多く募っているため、
アーマーや武器の仕様が元に戻る可能性があります。
詳細は以下の記事を参照してください。

【APEXシーズン6】次回アップデートで仕様が元に戻るかもしれない

まとめ

APEXシーズン6のレジェンド構成メタは前シーズン同様にレイス、レブナント、クリプトのようです。
これからのアップデートで変わっていく可能性がありますが、
依然としてアジアでは攻撃型編成がメタになりそうです。