【APEX】「代行」よく聞くけど規約で禁止されてるよ!

Blog Game

ゲームでよく聞く「代行」はほとんどのゲームで禁止されています。

よく聞くので知らずに「代行」行為をしている人がいるかもしれないので、
注意喚起のためにこの記事を書いています。

もくじ

代行とは

代行」とは、自分のアカウントを他人に渡して、代わりにプレイしてもらうことで、
ゲーム内ランクを上げてもらったりする行為です。

これは代行する側も、してもらう側も規約違反になる可能性があります。

よくTwitterで#apex代行などで、投稿をよく見ます。
お金の発生の有無は関係なく、アカウントを他人に使用させること自体禁止されています。

・EAのサービス上で他者からパスワードやアカウント情報、その他の個人情報を得ようとする試み。
・EAが明示的に許可している場合を除き、EAサービス内または第三者のウェブサイトのいずれか、またはゲーム外のトランザクションに関連したEA仮想通貨およびその他権利を含む、EAアカウントの譲渡、EAサービスへの個人的なアクセス、またはお使いのEAアカウントに関連したEAコンテンツを譲渡するために販売、購入、売買、あるいは譲渡または譲渡に関する提案を行う事。

出典:http://tos.ea.com/legalapp/WEBTERMS/US/ja/PC/

パスワードやアカウント情報を共有することや、
アカウントの売買は規約で禁止されています。

禁止行為

禁止行為は規約を確認してください。
当たり前のことですが、チート行為や荒らし行為、誹謗中傷などです。

規約の行動規範を参照

禁止行為をすると

禁止とは、お客様がゲーム、ゲームの一部、またはEAアカウントにアクセスすることを長期間禁止することです。繰り返されるまたは重大な利用規約または行動規範への違反により、お客様のEAアカウントを禁止することがあります。通常、アカウントの禁止は永久的です。

出典:https://help.ea.com/ja-jp/help/account/electronic-arts-account-suspension-policy/

禁止行為に該当する証拠が見つかった場合は、アカウント一時停止、または永久禁止の措置が取られます。
「代行」行為などはよく見かけますが、禁止行為に当たります。
Twitterなどは多くの人が目にするので、アカウント停止につながります。

まとめ

APEXだけに関係することではなく、他のゲームでも言えることです。
アカウントの情報を他人に教える行為や、他人にプレイしてもらう行為は禁止事項に当たるので、注意しておきましょう。

禁止行為をしている人と一緒にマッチしているだけで、
その人も禁止行為対象者となる危険性もあるので、
楽しくプレイするためにも日ごろから、意識してマナーを守ってプレイしましょう。