【SBI】後で後悔する?口座開設前の注意点を確認しましょう

Blog

こんにちは!れいちぇるです。
「株式投資をSBIで始めました。」

SBI証券で株式投資を始めたのですが、口座開設する前に知っておけばよかったことがあるので、解説します。

もくじ

口座開設前の注意点を確認しましょう

「投資を始めるかはわからないけど、とりあえず口座開設はタダだし作っておこう!」

と思っている方はちょっと待ってください!

後で少しもったいないことになるかもしれません。

Hyper SBIは口座開設から1か月は無料

SBIで投資を行う方のほとんどが活用するツールが「Hyper SBI」です。

このツールの使用には料金がかかります。
1か月で約500円です。

口座開設をして1か月は無料なのですが、このことを知らずにとりあえず口座を開設すると、使用するには料金がかかってしまいます。

これが1つ目の口座開設前の注意点です。

口座開設すぐに取引を行う方は問題ありませんが、
とりあえず口座だけ作っておこうと思っている方は注意してください。

信用口座開設には信頼が必要

株式投資で特にデイトレを考えている人は信用口座の開設は必須といえます。

信用取引は証券会社からお金を借りることができ、自分の持っている資金の約3倍まで投資することが出来ます。
この信用取引を行うには信用口座を開設しなければなりません。

この信用口座の開設には、審査があります。

審査基準はいくつかありますが、特筆するべき点は、「投資経験」です。

投資経験のない人は口座開設できないということです。

SBIで取引口座を開設するときに、投資経験の有無を回答する項目があります。
そこで、1年以上としておけば問題ないでしょう。

これも知らないと後ですぐに信用口座を開設できないことになるので、注意点の1つです。

Macで対応していないツールがある

最近はMacの普及率も上がっていますよね。
ノートパソコンのMacで投資をしようと考えていた方は少し待った方がいいかもしれません。

先ほど話した「Hyper SBI」や「先物・オプション取引」、「即時入金サービス」などの一部のサービスはMacでは対応外なので、注意が必要です。

SBIでの各ツールを使用したい方はWindowsの環境を用意するのが賢明だと思います。

まとめ

SBI取引口座の開設する前に注意するべきことを挙げました。

  • 「Hyper SBI」は口座開設から1か月は無料
  • 投資経験の回答は1年以上
  • Mac対応外のツールがあります

とりあえず口座開設しておこう!で開設してしまうと後でもったいないことになってしまいます。

当てはまった方は、口座開設は考えてから行いましょう。

口座開設はこちらのリンクからできます
SBI証券