【APEX】配信でよく聞く韓国語を調べてみました|APEXで使える韓国語

Game Study

APEXの動画や配信で、韓国語を聞く機会が多いのではないでしょうか?

主に人気のあるチーム「Crazy Raccoon」所属(APEX部門)のプロゲーマーが全員韓国人ということもあり、言葉を理解できなくても配信を見に行く人も多いと思います。

本記事では、配信などでよく聞く韓国語の意味を調べたので紹介します。
ぜひ使ってみてください。
配信も少しは何を話しているかわかると思います。

もくじ

APEXで使える韓国語

細かい言い回しの違いはあると思いますが、ご了承ください。

カムサハムニダ:感謝します

丁寧な言い方になります。
友達や年下、仲のいい人には「고마워 / コマウォ」(意味:ありがとう)を使います。

アラッソ:分かった・了解

カッパケッソ:アーマー割った

~ジュセヨ:~欲しい

ケッピ:瀕死

ボヤ:なんだよ~

チンチャ:本当・マジ

シバ:ちくしょう

英語でfackに当たる言葉のなので、取扱注意。

カンへ:強い

チョギ―イッソ:敵がいる

バーボ:バカ

カジャ:行こう

関連記事

まとめ

簡単な韓国語をいくつか挙げてみました。
よく聞く言葉なので、理解しておくと少しだけ話している内容が分かったりします。

「KPOPアイドルや配信者が何を言っているのか理解したい!」
といったように、ゲームをきっかけに覚えていくのもありかもしれませんね。

気軽にお金もかからずに韓国語を学べる教室のリンクを下記に貼っているので、気になった方はご覧ください。
60分500円と勉強のスタートとして、気軽に学べる教室になっています。
リンクはこちら⇒【60分500円】で【入学金・事務手数料ゼロ】の韓国語講座。