【ゲーミングPC】購入に必要な基礎知識・用語を知ろう

Game

ゲーミングPCの購入を考えたら、まずは知識や用語を理解しましょう!
理解しないまま購入すると、後悔することになるかもしれません。

それにどのゲーミングPCを購入するかを決めるには、最低限の知識が必要です。
「GPU」「CPU」「RTX」など専門用語もたくさん出てくるので、用語の理解も必要です。

本記事では、ゲーミングPC購入のSTEP1となる「基礎知識・用語」の説明をします。

もくじ

ゲーミングPCとは

ゲーミングPCイメージ

まずは普通のパソコンとゲーミングPCとの違いを知りましょう。
ゲーミングPCに明確な定義はありませんが、主な違いはパーツの性能です。

「CPU」「GPU」「メモリ」といったパーツが高性能という特徴があります。
その中でも「GPU」というパーツに大きな違いがあります。

「GPU」とはグラフィックボードとも言われ、映像を処理するパーツになります。
普通のパソコンは「GPU」がありません。
詳しく言うと、「CPU」に内蔵されています。

つまりゲーミングPCは、映像を処理するパーツが別途内蔵されているので、激しい動きを映像化することが出来ます。
逆に普通のパソコンは、映像を処理するパーツが「CPU」に内蔵されているので、負荷の大きいゲームはできません。

簡単にまとめると、ゲームをするには負荷の大きい処理をする必要があるため、高性能なパーツが必要です。
様々な処理を高速で行うことが出来るのが、ゲーミングPCというわけです。

ゲーミングPCの種類

ゲーミングPCの種類

ゲーミングPCは大きく分けると、「自作パソコン」と「BTOパソコン」があります。

  • 自作パソコン:自分でパーツやフレームを購入してカスタマイズしたパソコン
  • BTOパソコン:すでに完成しているパソコン

どちらにもメリット・デメリットがありますが、初心者はBTOパソコンをおすすめします。

自作パソコンは、知識がかなり必要・故障時にも自分で対応する必要があります。
しかし、BTOパソコンに比べて安く購入することが出来るメリットがあります。

それに比べてBTOパソコンは、すでに完成しているので購入が簡単です。
故障時にも販売業者に連絡するだけですし、保証期間もあります。
初心者には圧倒的に、BTOパソコンがおすすめです。

自作に比べて価格は高くなってしまいますが、故障などのリスクを考えると安心です。

購入に必要な理解しておくべき用語

用語

ゲーミングPCを購入しようとすると、たくさんの専門用語を目にします。
理解していないと、性能を比較することもできないので、購入の決断ができません。

最低限の用語の知識をご説明します。
BTOパソコンの購入には、以下の知識があれば問題ありません。

CPU

cpu

「CPU」とは、人間で言うところの脳に当たります。
様々な命令を出すパソコンの核になります。

「CPU」はメーカーによって名称が異なります。
モデルもいくつかあるので下記で説明します。

メーカー モデル名
Intel Core i
AMD Ryzen

代表的なメーカーが上記の通りです。
Core iの方がメジャーなCPUになっています。

ゲーミングPCには、「Core i7」以上、「Ryzen 5」以上がおすすめです。

GPU

gpu

「GPU」とは、映像を処理するパーツになります。
映像のカクつきや、遅延を無くすための処理をしてくれます。

メーカー モデル名
NVIDIA RTX/GTX
AMD Radeon

「GPU」はNVIDIAのRTXシリーズがおすすめ。
「GeForce RTX 2070」以上あればVR以外ならほとんどのゲームができます。

メモリ

メモリ

メモリはデータを記憶しておくパーツになります。
同時に複数のサイトを開いたり、ゲーム配信をしたりする場合に、影響してくるパーツです。

メモリ数 特徴
8GB ゲームするなら最低ライン
16GB おすすめ
32GB以上 配信や編集するなら

普通に使用する場合は、16GBあれば問題ないです。
8GBだと少々物足りないです。
ゲームをしながら音楽を聞いたり、複数の作業を同時にしたい方は16GB以上がおすすめです。

ストレージ

ストレージ

ストレージは、ゲームのデータを記憶しておくパーツです。

ストレージは、「SSD」と「HDD」の2種類あります。
「SSD」の方が高性能です。
最も大きな違いは、読み書き速度が速いことです。

高性能なSSDを装備していると、ゲームの読み書きが早くなります。

ストレージ 特徴
SSD(SATA)500GB 最低ライン
NVMe SSD 500GB おすすめ
NVMe SSD 1TB ハイエンドモデル

ゲーミングPCによっては、「SSD」と「HDD」の両方が組み込まれているものもあります。
基本的にゲームを保存するのは「SSD」なので、高性能な「SSD」を優先させましょう。

代表的なメーカーとモデル

パソコンイメージ

ゲーミングPCで有名なメーカーとそのモデル名をご紹介します。
どんなメーカーがあるのかを知っておくことで、購入の参考になると思います。

メーカー モデル
ドスパラ GALLERIA
パソコン工房 Level ∞
マウスコンピュータ G-Tune
Dell ALIENWARE
HP PAVIRION/OMEN
レノボ Legion
ツクモ G-GEAR

これらが代表的なゲーミングPCのメーカーとモデル名です。
聞いたことのあるメーカーもあったと思います。

まとめ

ゲーミングPCの購入には、最低限の知識が必要です。
上記で説明した用語や知識があれば、BTOパソコンの購入は問題ありません。

どのパソコンを購入するかは、各パーツの性能で決めることになります。
自分のしたいゲームや作業に応じて、パーツの性能を決めましょう。

ゲーミングPC購入のSTEP1は知識や用語の理解です。
本記事では、その知識や用語を解説しました。

次は、「自作パソコン」か「BTOパソコン」どちらを購入するかを決める必要があります。
下記の記事では、それぞれのパソコンを比較しています。
それぞれのメリットやデメリット、費用などを解説しています。