【PCゲーマーが厳選】G-TuneゲーミングPCおすすめ|本当におすすめなのはこれだ!

Game

ゲーミングPCのメーカーは様々あります。
今回紹介するメーカーは、マウスコンピュータの「G-Tune」です。

メーカーで迷っている方は、「G-Tune」で選んでみてはいかがでしょうか。
人気かつ信頼あるメーカーのモデルで、ラインナップも豊富なので欲しい商品が見つかると思います。

本記事では、ゲーミングPCの選び方やG-Tuneの特徴、おすすめ商品紹介を解説しています。

もくじ

G-Tuneとは

メーカー名 マウスコンピュータ
モデル名 G-Tune
支払い方法 銀行振込
代金引換
コンビニ決済
クレジットカード
ショッピングローン
配送 送料:PC1台 3,300円(税込)
※代引きの場合は2,200円(税込)
出荷までの日数:翌営業日~10日程度で出荷されることが多い
※パーツの入荷待ち等で遅れる場合があります
保証 購入から1年間
サポート 困ったことがあれば、24h365日電話相談可能。
延長保証や出張設置サービスなど、多数のサービスがあります。

普通のパソコンやノートパソコンも取り揃えている人気のメーカーです。
ゲーミングPCブランドは「G-Tune」で、初心者からプロまで幅広く人気のあるモデルになっています。

製品自体の性能はもちろんですが、サポート面でも評判が高いです。
何か問題があったときは、24h365日電話サポートがあるので安心です。
そもそも壊れにくく、悪い評判は聞きません。

人気のゲーミングPC「G-Tune」は、なぜ人気なのか!
G-Tuneには、いくつか特徴があり人気の理由につながっています。
そんな人気の理由、G-Tuneの特徴について下記で見ていきましょう。

G-Tuneの特徴

G-Tuneは、ゲーミングPCを初めて購入する方にもおすすめのモデルです。
他メーカーと比べて優れた特徴が多数あるので、紹介していきたいと思います。

ざっくりとG-Tuneの特徴は下記の通りです。

  • 知名度がある
  • ラインナップが豊富
  • コスパがいい
  • ケースが選べる

これらの特徴が初めて購入する方におすすめできる理由になっています。
1つ1つ詳しく解説していきます。
きっとG-Tuneが魅力的に感じると思います。

知名度がある

G-Tuneのメーカーは、マウスコンピュータと言います。
聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

5年ほど前に、乃木坂46のメンバーがCMを務めたこともあり知名度が上がりました。

知名度が高いということは、商品に信頼があるということの裏返しです。
ゲーミングPCでなくても、知っているメーカーの商品の方が安心ですよね。

そういった意味でG-Tuneは、数多くあるゲーミングPCメーカーの中でも最も知名度が高いと言えます。

信頼あるメーカーからゲーミングPCを選びたい方におすすめのモデルです。

ラインナップが豊富

ラインナップイメージ画像

G-Tuneの特徴の1つに、ラインナップの豊富さがあります。
逆に多すぎて選ぶのに迷ってしまうかもしれません。

本記事では、数多くあるラインナップの中から厳選して紹介するので安心してください。

安価なモデルから、ハイエンドモデルまであるので、どんな方にも合った商品が見つかります。
とにかく安いPCが欲しい方も、プロが使っているような高いPCが欲しい方も、様々な要望に応えてくれます。

コスパがいい

コスパイメージ画像

他メーカーと比べてもコスパがいいことも特徴の1つです。
同等のスペックの場合、G-TuneのゲーミングPCの方が安いものが多いです。

性能が同じなら、出来るだけ安い方がいいですよね。
いいものが欲しいけど、出来るだけ安いメーカーで買いたい!
そんな方にもおすすめのモデルです。

セール時はもっと安くなるので、さらにお得です。
購入時には、セールを利用して安くお買い求めを!

ケースが選べる

ケース選択イメージ画像

ゲーミングPCメーカーでは珍しく、ケースの選択が出来ます。
デザインにこだわりが無い方には関係ないですが、かっこいいデザインにしたい方にはおすすめです。

中が見えるものや光ったりするので、ゲーム環境を鮮やかにしてくれます。

ゲーミングPCの選び方

ゲーミングPCを選ぶ際に、いくつかのポイントがあるので理解しておきましょう。
高い買い物になるので、どんな商品が自分に合ったものなのか、事前に把握するようにしておくといいです。

詳しい解説記事は以下に載せてあります。
どんな基準で選べばいいか分からない方は、先に選ぶポイントを知ってください。
下記で紹介する商品が、なぜおすすめなのかも分かりますし、選ぶのに迷わなくなります。

簡単に選ぶ方のポイントを紹介すると、ざっくり下記のとおりです。

  • メーカーやデザインで決めてしまう
  • CPUやGPUのパーツを決める
  • 予算で決める
  • プレイしたいゲームで決める

予算に余裕がある方は、その予算内で高いPCを購入すれば問題ありません。
メーカーやデザインで選んでしまってもいいでしょう。

ですが、ほとんどの方は予算はできるだけ抑えたいと思います。
安くても性能の良いゲーミングPCはあるので、下記でも紹介していきます。

しかし、予算は後回しで考えることを推奨します。
まずはプレイしたいゲームが出来るスペックなのか、配信やその他の作業が快適にできるスペックなのかどうか、ここが一番重要です。

予算をケチったあまりに後悔することもあります。
ゲーミングPCは長く使えるものなので、予算はケチらずに、欲しいPCの予算に届かない時は我慢する方がいいと思います。

必要予算とスペックの関係は以下のようになります。

必要予算とスペックの関係

RTX 3090 42万 49万 52万
RTX 3080 29万 35万 40万
RTX 3070 21万 22万 24万 28万 31万
RTX 3060 16万 19万 22万 22万 23万
RTX 2060 15万 16万 17万
RTX 1660 SUPER 13万 14万 16万
GPU / CPU i5-11400 i7-10700 i7-11700 i9-10900K i9-11900K

おすすめは15~25万あたりのゲーミングPCです。
安いモデルでもゲームは普通にプレイすることは可能です。
しかし、快適かどうかは別問題になってきます。

ゲームを快適にプレイすることはもちろん、配信や音楽を聞きながらなどの複数同時作業でも快適にすることが出来るのが、15~25万の予算帯になってきます。
CPUは「Core i7 10700」以上、GPUは「RTX 3060」以上がおすすめです。

人によってはオーバースペックになるかもしれないので、下記の予算と性能の関係を参考に決めてみてください。

予算と性能の関係

予算 性能
~10万 超ライトユーザー向けのエントリーモデル。
プレイできるゲームや快適度に制限がかかるので、おすすめしません。
最低でも10万以上をおすすめします。
10~15万 エントリーモデル。
MMOプレイヤーには、この辺りがおすすめ。
他のゲームもしたい方は、もう一段階上のスペックが必要です。
15~20万 ミドルスペックモデル。
この辺りが一番人気の予算帯になります。
とりあえず何でもできることが最大の特徴です。
FPSゲーマーはこの予算帯以上がおすすめになります。
20~30万 ハイエンドモデル。
ゲームが快適にできることはもちろん、配信や他の作業も同時にしたい方におすすめ。
さらに映像をよりきれいに楽しみたい方、4KやマイクラのMODを使用したい場合は、この予算帯からあ選びましょう。
30万~ 超ハイエンドモデル。
配信者やプロゲーマーはこれ以上のスペック・予算帯のゲーミングPCを使用しています。
ここからは予算の余裕度や、こだわりがある方向けです。
もちろん高い分、快適ですが一般ゲーマーの方は、ここまでのスペックは必要ないかもしれません。

軽いゲームしかしない方でも、最低でも10万を予算として考えると良いでしょう。
さらに快適にプレイしたい方や、FPSをプレイしたい方は、15万~といった感じです。

G-Tuneおすすめ商品紹介

ゲーミングPCブランド「G-Tune」は、全部で40以上のモデルがあります。
どれがいいのか迷うと思うので、分かりやすいようにいくつかピックアップして紹介します。

紹介するモデルは、性能が高い順に記載しています。
つまり価格が高い順になっているので、自身の予算に合ったPCを見てみてください。

また、紹介しているモデルは、CPUとGPUの性能バランスも考えてピックアップしています。
GPUの性能が良くても、CPUの性能が低いと、最大性能を引き出すことが出来ない場合があります。
そういった点も考慮しているので、いくつもあるモデルの中から厳選した本当におすすめのモデルだけになっています。

G-Tune XP-Z

XP-Z
価格 税込み 494,780円~
CPU Intel Core i9-11900K
GPU GeForce RTX 3090
メモリ容量 32GB
SSD 2TB
HDD 4TB

G-Tuneでハイエンドモデルをお探しの方は、「XPシリーズ」から選びましょう。
CPU・GPUともに最高スペックのシリーズです。

ゲームを最高画質や高フレームレートでプレイできることはもちろん、動画編集や3DCG作成、配信、VRなど、出来ないことはないでしょう。
DVDドライブ標準搭載や、ダストフィルターのワンタッチ取り出しなど、ゲーム以外の機能面も優れています。

プロや配信者に負けないゲーミングPCが欲しい方におすすめのモデルです。

XPシリーズは、全部で6モデルあります。
GPUは全てRTX3090搭載で、CPUが異なっています。

おすすめは上記の「XP-Z」です。
もしくは「XP-A」です。
最高品質を求めるのであれば、「XP-Z-LC」がおすすめです。

「XP-Z」は、Intel製のCPUなので信頼あるメーカーがいい方におすすめ。
「XP-Z」の詳細を見に行く

「XP-A」は、Ryzen製のCPUなので価格を抑えたい方におすすめです。
「XP-A」の詳細を見に行く

「XP-Z-LC」は、Intel製のCPUに加えて、水冷GPUなので熱対策もばっちりの超ハイエンドモデルです。
「XP-Z-LC」の詳細を見に行く

G-Tune XN-Z

XN-Zイメージ画像
価格 税込み 307,780円~
CPU Intel Core i9-11700K
GPU GeForce RTX 3080
メモリ容量 16GB
SSD 512TB
HDD 2TB

RTX3080搭載モデルの「XNシリーズ」の1つです。
下記で紹介するRTX3070搭載モデルと比べても、価格はそこまで変わらないので、余裕がある方はこちらをおすすめします。

MMOはもちろん、FPSでも高フレームレートで他プレイヤーより有利に立つことが出来ます。
4Kで映像をよりきれいに楽しみたい方にもおすすめです。

接続端子がPC上部に設置されているので、使いやすい設計にもなっています。
一般プレイヤーの方にとっては、このモデルがハイエンド的な立ち位置です。

上記のモデル「XN-Z」は、CPUがIntel製になっています。
「XN-Z」の詳細を見に行く

もし、同等のCPUで価格を抑えたい方は、CPUがAMD製の「XN-A」がおすすめです。
「XN-A」の詳細を見に行く

G-Tune HN-Z

HN-Zイメージ画像
価格 税込み 263,780円~
CPU Intel Core i7-11700K
GPU GeForce RTX 3070
メモリ容量 16GB
SSD 512GB
HDD 2TB

G-Tuneで1番人気のゲーミングPCです。
もし迷ったらこのモデルをおすすめします。

どんな方の要望にも対応した、何でもできるゲーミングPCです。
オーバースペックになりすぎず、ゲームも快適にでき、配信までも可能なちょうど良いスペックになっています。

FPSをプレイしたい、配信もするかも、他の作業もするかもしれない、何より快適に!
そんな方におすすめです。

このモデルは、多くの方が買っているスペックよりも少し高性能なゲーミングPCになっています。
周りの方と差をつけたい、少し良いものを持ちたい方におすすめです。

「HNシリーズ」は全部で4モデルあり、GPUがRTX3060搭載モデルになっています。
その中でも上記の「HN-Z」が、CPUとGPUの相性が良く、GPUの性能を引き出します。

RTC3060搭載モデルで、Intel製のCPUがいい方は「HN-Z」。
「HN-Z」の詳細を見に行く

AMD製のCPUがいい方は「HN-A」。
「HN-A」の詳細を見に行く

G-Tune EM-Z

EM-Zイメージ画像
価格 税込み 208,780円~
CPU Intel Core i7-10700K
GPU GeForce RTX 3060
メモリ容量 16GB
SSD 512GB
HDD 2TB

RTX3060搭載モデルなら「EM-Z」がおすすめです。
他にもRTX3060モデルはありますが、その中でもバランスの取れたスペックになっています。

RTX3060というのは、ミドルスペックに当たり、一般プレイヤーに最適と言えます。
それ以上になるとオーバースペックになり得て、それ以下になると低スペックになってしまう。
ゲーミングPCをおすすめするなら、RTX3060搭載のミドルスペックになってきます。
なんでもできるので購入後に、したいことが出来ないといったような後悔はありません。
どれにするか悩んでいる方は、この辺りのスペックで決めてみるといいでしょう。

他のモデルとの違いは、CPUの種類とHDDの有無です。
他のモデルは、HDDが標準搭載されていなかったり、CPU性能が高すぎたりします。
GPUとCPUのバランスが良く、HDDが2TBあるので、特にこだわりが無ければ「EM-Z」が良いでしょう。
「EM-Z」の詳細を見に行く

G-Tune EL-B

EL-Bイメージ画像
価格 税込み 131,780円~
CPU Intel Core i5-10400
GPU GeForce GTX 1660
メモリ容量 16GB
SSD 512GB
HDD なし

G-Tuneのエントリーモデルです。
GPUは、GTX1660でかなり前のモデルなので、快適に出来ないゲームも出てきます。
ゲーム内設定を軽くしたり工夫が必要かもしれません。

FPSのような高フレームレートを要するゲームをしたい方は、もう一段階スペックが高いものを選びましょう。
気軽にゲームをしたい方におすすめのエントリーモデルです。
「EL-B」の詳細を見に行く

HDDが標準搭載されていないのが注意点で、カスタマイズで追加しましょう。
簡単に言うとゲームを保存するための容量なので、1TBは追加しておきましょう。

ゲーミングPCのカスタマイズについて

ゲーミングPCは、カスタマイズというのが出来ます。

カスタマイズというのは、OSを何にするのかや、Officeソフトを付けるのかどうかなどです。
モデルを決めて購入手続きに進むと、カスタマイズ内容を決める工程に進みます。

カスタマイズするべき項目と、しなくてもよい項目があります。
どれをカスタムした方がいいのか、初めて購入する方は分からないと思うので、下記記事を参考にしてください。

ほとんどのメーカーのカスタマイズ内容を記載しているので、G-Tuneの方はもちろん、他のゲーミングPCで考えている方も参考になります。

まとめ

G-TuneのゲーミングPCを紹介しました。
多くのモデルがあるので、選ぶのに悩む方が多くいると思いますが、紹介したモデルは5つだけなので選びやすいと思います。

CPUとGPUの組み合わせは、意外と重要で性能バランスが大切です。
紹介したモデルは全て、それぞれの性能を落とすことのないスペックになっています。

また、紹介した画像は通常のPCケースですが、カスタマイズでケースを変更することもできます。
中が見えるガラスケースもあるので、デザインをカッコよくしたい方はカスタムしてみて下さい。